大切な荷物をしっかり保管するためのお役立ちNavi

トランクルームの手引き

宅配型トランクルームを利用するメリットとデメリット

投稿日:

宅配型のトランクルームを利用するメリットは?

一口にトランクルームと言っても様々な種類があり、個人の用途に合わせて選ぶことができます。

その一つが宅配型のトランクルームで、どのような特徴があるのか大まかに見ていきましょう。

・自分で荷物を出し入れするのではなく全て宅急便で行う
・インターネット上で会員登録や支払いの手続きができる
・預けた荷物を写真で管理できるので安全性が高い
・大手の運送会社と提携していてトラブルのリスクが少ない

荷物を運ぶのが面倒だったり病気やケガで長期休養が必要だったりという方は、通常のサービスではなく宅配型のトランクルームが適しています。

以下では宅配型のトランクルームを利用するに当たり、どんなメリットがあるのかまとめていますので一度チェックしておいてください。

自分で荷物を出し入れする手間を省ける

自分で荷物を出し入れする手間を省けるのが宅配型のトランクルームの大きなメリットです。

屋外型や屋内型のトランクルーム⇒現地へと足を運んで自分で荷物を預けたり引き出したりする
宅配型のトランクルーム⇒全て運送業者の宅急便に任せることができる

このような違いがあり、私たちは専用のWebサイトから指示するだけで荷物を自宅まで取りに来てくれたり、預けた荷物を届けてくれたりするので難しくありません。

車やバイクなどの移動手段を持っていないと自宅から距離が離れているトランクルームを利用するのは現実的ではありませんし、大きな家具や家電を運ぶのが面倒だと感じている方もたくさんいます。

そんな人に宅配型のトランクルームがピッタリと言っても過言ではなく、倉庫と自宅を往復することなく部屋の中で業者の人が来るのを待っているだけでOKです。

自宅以外の場所へと配送できる

宅配型のトランクルームによっては、自宅以外の場所へと配送することができます。

具体的にどんな用途で活用できるのかまとめてみました。

  1. 頻繁に使わないゴルフセットやキャンピング用品を預けておく
  2. 必要な時が来たら現地や宿泊先のホテルへと届けてもらう
  3. 自分は大きな荷物を持たずに現地へと行けば良い
  4. ゴルフやキャンプを楽しみ、帰りにもう一度取りに来てもらう
  5. 手間をかけることなくトランクルームの中に荷物を戻せる

必ずしも指定した時間ピッタリで届けてくれるわけではありませんが、大きな荷物を持ち運ばずに好きな場所へと配送できるのは嬉しいポイントですよね。

保管環境が整っている

屋外型のトランクルームと比べてみると、宅配型のトランクルームは保管環境が整っています。

屋外型のトランクルームは自分の好きなタイミングで自由に荷物の出し入れができる代わりに、以下のデメリットがありますので注意しなければなりません。

・外気の変化に対応することができない
・書類や衣類にカビやサビが生えやすい
・適度な湿度や温度を保つことができない

コンテナが壊されて内部の荷物が全て盗難されるような心配はなくても、長期保管によって荷物が傷みやすいのです。

一方で宅配型のトランクルームは専用の倉庫で荷物を保管してくれるため、温度や湿度が一定で最適な環境で安心して預けられます。

保管環境が良い点では、屋内型のトランクルームと全く一緒だと言えるのではないでしょうか。

リーズナブルな料金で利用できる

リーズナブルな料金でトランクルームを利用できるのは、宅配型のサービスの大きなメリットです。

ほとんどのサービスでは1,000円以内と格安の価格設定となっていますし、ダンボールの大きさで1箱数百円と設定している宅配型のトランクルームもありました。

  • BOXタイプではなくダンボールタイプを選択すれば格安
  • 比較的小さな荷物から安い値段で気軽に預けられる
  • 搬出料や宅配料が無料というサービスも多い

このような特徴がありますので、コストを徹底的に抑えたい人に適しているのは間違いありません。

また、現在では1日単位で借りられるサービスもあり、どんなシステムが用意されているのか公式サイトでチェックしておきましょう。

代表的な宅配型のトランクルームサービスは?

どのサービスへと依頼すれば良いのか迷っている方のために、以下では代表的な宅配型のトランクルームを幾つか挙げてみました。

サマリーポケット:エコノミープランへと加入すれば1ヵ月250円と格安の料金で始められる
HIROIE(ヒロイエ):有人管理による安心警備でセキュリティ対策に力を入れている
e-BOX24:1日単位の課金システムで搬入や搬出を全て業者が代わりに行ってくれる

少しでも安い料金で提供されているサービスへと加入するのは選択肢の一つですが、安心して荷物を預けるためにもセキュリティの高さも考慮すべきですね。

宅配型のトランクルームを利用するデメリットは?

自分で荷物を出し入れする必要がなかったり、料金が安かったりというメリットが宅配型のトランクルームにはあります。

しかし、オーソドックスな屋外型や屋内型のトランクルームと比べて、幾つかのデメリットもありますので注意しなければなりません。

宅配型のトランクルームのどんなところが良くないのか見ていきましょう。

・荷物を取り出したいと思った時に業者へと頼まなければならず、簡単に引き出すことができない
・宅急便で配送できるボックスサイズは決まっていて大きな荷物は預けることができない
・配達の日時には自宅で待機して業者の人間が来るのを待っている必要がある

トランクルームの中に預けた荷物を頻繁に取り出す予定であれば、宅配型ではなく屋内型や屋外型のサービスがおすすめです。

店舗型のトランクルームの場合、自分の好きなタイミングで24時間出し入れができます。

大手のサービスのハローストレージでは、屋内型と屋外型の2種類から自由に選択して契約できるのが特徴です。

各種サイズの収納空間をリーズナブルな料金でレンタルできますので、店舗型のサービスをお探しの方はハローストレージを試してみてください。

トランクルームならハローストレージ

-選び方

Copyright© トランクルームの手引き , 2019 All Rights Reserved.