大切な荷物をしっかり保管するためのお役立ちNavi

トランクルームの手引き

サービスと契約する前に!押さえておきたいトランクルームの便利な使い方

投稿日:

サービスと契約する前に!押さえておきたいトランクルームの便利な使い方は?

トランクルームと契約する前に、自分の利用用途に適したサービスなのか確認しておかなければなりません。

人によってはトランクルームではなく、マンションやオフィスを借りた方が良いケースもあります。

そこで、以下ではトランクルームの便利な使い方を幾つか紹介していますので、「どんな風に活用できるサービスなの?」と疑問を抱えている方は一度チェックしておきましょう。

普段は使わないアウトドア用品を預ける

普段は使うことのないアウトドア用品を預けるのは、トランクルームの便利な使い方の一つですね。

  • サーフボード
  • ゴルフクラブ
  • スキー用品
  • スノボー用品
  • レジャーグッズ

これらのアイテムは日常的に使う機会が非常に少ないですし、かといって家の中に置いておくとスペースを取ってしまいます。

広い部屋に住んでいる家族であればまだしも、ワンルームや1Kのアパートに一人暮らししている人にとっては邪魔で仕方ありません。

そんな時にトランクルームが大いに役立ち、どのサービスでも基本的に24時間好きなタイミングで出し入れができます

  • スノーボードやシューズを預けて冬になってゲレンデへと行く時に取り出す
  • 冬場には使わないバーベキュー用品を収納し、夏場の必要な時期に取り出す

上記のような使い方がベストで、大手のトランクルームのハローストレージであれば各種サイズの収納空間をリーズナブルな料金で提供してくれるのです。

ハローストレージはALSOKやセコムでの24時間警備を採用したセキュリティ対策がバッチリのサービスですので、アウトドア用品が邪魔な時に上手く活用してみてください。

ハローストレージ

新居への引っ越しまで間が空いてしまう

新居への引っ越しまで間が空いてしまう時に、トランクルームを利用してみてはいかがでしょうか。

引っ越しが決まって前の住居から新居へと移る際に、スムーズにいくとは限りません。

「退去日は既に決まっているけれど新居へと荷物を入れることができない」というトラブルは意外と多く、そんな時は一時的にトランクルームへと預ければ良いのです。

引っ越しまで間が空く際にどんなトランクルームと契約すれば良いのか目安をまとめてみました。

・1週間や1ヶ月間など最低利用期間が短く設定されている
・家具や家電など引っ越しの荷物一式が全て入るサイズが用意されている
・初期費用が相場よりも安い(敷金や礼金が不要)

2ヵ月も3ヶ月も預けるわけではないので、セキュリティに関してはそこまで神経質にならなくても大丈夫です。

どのトランクルームでも監視カメラや防犯カメラを設置し、トラブルを未然に防ぐ対策を行っていますよ。

海外へと転勤することになった

グロバール化が進む現在では、海外へと転勤になるケースが増えました。

海外への引っ越しで日本で使っていた家具を全て持っていくのは大変ですし、高額な費用が発生しますので後々に戻ってくる可能性が高いのであればトランクルームが役立ちます。

海外への転勤で荷物を保管するのはトランクルームの便利な使い方で、契約期間は明確に定められていません。

  • 自分の好きなタイミングでWeb上で手続きして契約できる
  • 日本へと帰ってきたタイミングで解約して荷物を引き出せる

このようなメリットがトランクルームにはあり、マンションやアパートの一室を借り続けるよりも遥かに安い費用で済みます。

ただし、トランクルームと契約する前に海外在住でも契約や支払いが可能なサービスなのかどうか問い合わせておきましょう。

たくさんの衣類を収納する

たくさんの衣類を収納したい時にトランクルームは役立ちます。

部屋の中を片付けている際に、以下のような悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

  • クローゼットなど収納スペースが狭くて衣類が入りきらない
  • いつか着るかもしれない洋服を捨てずにいたら大量に溜まってしまった
  • 靴やカバンなどの小物が部屋の中に溢れ返っている
  • 衣類を上手く収納できず、友達や恋人を家へと呼ぶことができない

こんな時は部屋のクローゼットの中へと無理に洋服を詰め込むのではなく、トランクルームの一室を借りるのがベストです。

洋服だけであれば0.5帖(ダンボール28個分)程度の小さなスペースでも十分ですし、部屋のサイズが小さければ小さいほど月額料金は安くなります。

トランクルームの中にはフッティングルームが完備された女性専用のサービスもありますので、自宅の近くにあるのかどうか探してみてくださいね。

バイク置き場として利用する

屋外型のトランクルームであれば、バイク置き場として利用できます。

専用のバイクコンテナが用意されたサービスは意外にも多く、自宅の近くにあればトランクルームから乗って直ぐに出掛けられるので非常に便利です。

・コンテナは外側から鍵をかけられる
・防犯カメラが設置されていて盗難のリスクが少ない
・コンテナの中にはバイク用品も置ける

上記のようなメリットがバイクコンテナにはあり、屋外へと停めておくよりも盗難やイタズラのリスクが低くなっています。

「新車のバイクを購入したけれど、傷付けられたりイタズラされたりしないのかどうか不安」といった男性は少なくありません。

そんな男性には、屋内型と屋外型のトランクルームに加えてバイクコンテナが用意されたスペースプラスがおすすめです。

スペースプラスのバイクコンテナには、「扉にシャッターを採用している」「サビに強い」といった特徴がありますので、バイク置き場で困っている方は是非一度利用してみてください。

スペースプラス

-基礎知識

Copyright© トランクルームの手引き , 2019 All Rights Reserved.